肩を出した女性

イメクラの減少について

以前はイメクラと呼ばれる風俗がありましたが、今は減少傾向にあります。
これにはいくつか理由があり、一つは施設設備を維持するためにコストがかかってしまうというものがあります。例えば、痴漢プレイをするためのイメクラとして電車の車両を模した部屋がありますが、これは他のプレイに使うことはできないので、全体的なコストパフォーマンスから考えた時に低いと言わざるを得ません。
それを回収することができるだけ客がいればよいのですが、そもそも消費税増税や便乗値上げ、電気料金の値上げ、続く不況などによって風俗業界に落とすお金自体が減っていますので、それもやはり減少傾向にあると言えるでしょう。
このようにイメクラを利用する客自体が社会的な影響によって減少しつつあることが、店の減少に影響を与えている部分も大きくあります。
そんな中、イメクラではありませんが、それぞれの風俗店にコスチュームが用意されたり、コンセプトがしっかり確立されたりとイメクラの良いところを取り入れた風俗店が増えてきています。
以前ほどイメクラとその他のお店の垣根はなくなり、現在は融合しつつあると言えるのかもしれません。部屋の内装まで強くこだわった以前のようなお店はなくなりつつありますが、その分安価にコスチュームなどの魅力は楽しめるようになったのかもしれません。

RECENT NEWS

2016/02/24
大学生が雄琴ソープ等が人気の滋賀風俗の費用を稼ぐにはを更新しました。
2016/02/24
イメクラの減少についてを更新しました。
2016/02/24
天王寺で巨乳ロリと兄妹プレイを更新しました。
2016/02/24
女性にとって行きやすい風俗「性感エステ」とは?を更新しました。
TOP